袴をマスターしよう

袴のつけ方と紐の結び方の基礎知識

振袖でのお正月

最近は和装の男性は少なく、袴のつけ方や紐の結び方を知らない人が多くなっています。
結婚式の新郎やお茶会で袴を着けると風格がまし、日本男子の魅力がでます。
男らしい和服姿だけでなく、和装の基礎知識として袴のつけ方と紐の結び方を学ぶことは大切なことです。
その一つとして、一般的な馬乗り袴のつけ方を知り、紐の結び方では十文字結びと一文字結びの区別ができるようにすることは重要です。
十文字結びは主に礼装の時の結び方で、普段は一文字結びや結びきりなどの結び方にします。
しかし、自分の好みに合わせた結び方でセンスよく和装姿を演出すると現代的な男性の魅力がでます。
日本の冠婚葬祭や正月などでは場所柄を考慮した和装を心掛けます。
自分の品格が高く評価されるようにします。
和装の基礎知識を知り、きちんとした和服姿になるようにすることが大切になります。
周囲に悪い印象を与えないようにし、男らしい和装になるようにすることが大事です。

袴と振袖の利用上の違いは

普段から着物を着ている人は知っていることでも普段から着物に縁のない人はわからないことが多く、袴も振袖も同じ着物ではありあますが着用する目的が違ってきます。
袴ですがこれは着物を着てから袴を着ることになり、胸の辺りから下の部分を覆うもので洋服で言うズボンなどと似たようなものになります。
またこれには男用も女用もあり女性が卒業式など特別な日に着るイメージが多くありますが、近世では男性用の礼服として使用されていました。
一方で振袖は未婚の女性が着用するもっとも格式の高い着物にあたり、丈の長い着物であり大きいものの袖は三尺あり袖丈の大きさにより大中小の三種類の振袖に分かれています。
成人式や結婚式などの晴れの舞台で着用され、色華やかでフレッシュな柄のものが多いです。
これらの着物の着用上の違いは袴は着物を着てから出なければ着用できないことに対して、振袖はそれ単品でも着ることができることの違いになります。
着る際には間違えないようにしましょう。

新着情報

◎2017/9/29

袴に合う髪型とは
の情報を更新しました。

◎2017/6/7

袴の着方の基礎を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

卒業式に袴を着る理由
の情報を更新しました。

「袴 紐」
に関連するツイート
Twitter