袴をマスターしよう

着る前に…袴の着方の基礎を知ろう

着る前に…袴の着方の基礎を知ろう

大学の卒業式などで、袴を着る女性は少なくないです。
一時期、卒業式には振袖かスーツという時代もありましたが、今は圧倒的に袴の方が多いです。
着るのは難しそうですが、基礎を学ぶと、案外簡単に着こなせます。
まず着物ですが、大振袖より中振袖の方が活動しやすいでしょう。
着物を着る時は、袴から裾が見えないように、足首あたりまで見えるくらいに短くします。
襟元は、若い人ほど詰め気味にしますから、着崩れしないようにしっかり合わせましょう。
髪をアップにしている時は、襟は抜くようにし、おろし髪の時は、襟は余り抜きません。
帯は半幅帯を使い、土台になるように文庫を小さめに、しっかり結びます。
袴の紐を、背中の帯の結び目にくくるようにして着付けていきます。
最近は、草履ではなく、ブーツを履く人も結構います。
その場合は、裾を少し短めにした方が、可愛らしいです。
草履の場合は、裾線は足のくるぶしあたりにくるようにすると綺麗です。
基礎自体も、それほど難しくないので、挑戦するのもいいでしょう。

袴を着て華やかに舞う

袴というものは、何もめでたい時だけのものではなく、様々な用途に使われます。
卒業式の際や結婚式のときも男性が華やかな日本和装で参列しますが、それ以外にもあります。
袴といえば、武道の場でも利用します。
女性が武道をたしなむ人が増え、履く機会も増えています。
さらに、武道によっては作りも違います。
そして、今人気あるのが剣舞という武道でありながらも舞をするものがあるのです。
こちらは、日本伝統文化の1つである刀を用いて、舞をします。
使いこなされた方は、真剣で行うケースもありますが、多くの方は剣舞用の刀で舞を披露します。
歌と合わせて舞う姿は、勇ましくそして美しくその時の情景を表すかのように、華やかに舞っていきます。
格闘のような武道とは違い、美しくそして日本の伝統を伝える舞です。
その際に袴で舞、雄々しく切れの良い体の裁きで表現をしていきます。
美容と健康にもよく、年齢を問わないことから多くの人に注目を浴びています。

新着情報

◎2017/9/29

袴に合う髪型とは
の情報を更新しました。

◎2017/6/7

袴の着方の基礎を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

卒業式に袴を着る理由
の情報を更新しました。

「袴 華やか」
に関連するツイート
Twitter