袴をマスターしよう

袴に適した布はどのようなものか

袴に適した布はどのようなものか

袴はその立ち姿としっかりした折り目が特長です。
その為、型崩れしにくい布地で作られていることが多いものです。
シルクや面などの柔らかい生地ではしっかりとした立ち姿が作りにくく、また座った際などにはしわが付いてしまい見苦しくなってしまうので注意が必要です。
昔は正絹に目の詰まったもの布が良く使われました。
袴の命でもある、きちんとした折り目が出やすく型崩れしにくい為です。
更には、袴は馬上衣として使用されることも多かったころから、馬の鞍などで擦れても傷みにくいものとして選択されていました。
最近では正絹は非常に高価なことから、ポリエステル製の袴地が販売されています。
ポリエステル製の物は型崩れしにくい上に汚れが落ちやすく、また家庭でも洗濯ができる物も多いため非常に重用されています。
既製品でもポリエステル製の物が多く、本格的な正絹を布地に使用した物は非常に高価なため、正装の際以外の場面ではあまり使用されることはなくなりました。

袴の普段着と礼装着

和装は日本人としては当たり前のことですが、洋服が気軽に着られることからあまり着こなす人はいません。
ほとんどは伝統芸能を嗜む人、剣道や柔道を習う人、あるいは冠婚葬祭、成人式などの席でしか着ることはないでしょう。
しかし、最近では和装の価値観が改められ、普段着でも着こなしたいという人も少なくありません。
その中にあって足を動かしやすく身動きの取りやすい袴は、礼装用に使用されることが多く、普段着で着こなすのは良いのか気になる人も多いようです。
昔は許された人でしか着用することができず、例えば馬にまたがることのあった武士や、庄屋、大富豪などの一部の人だけでしたが、特に礼装としていたわけではなく、基本的に普段着としてのものです。
そのため、現代において袴の着用は礼装時ではなくても、普段から着用することも問題にはなりません。
派手な色柄を選んでも良いですし、着こなしも自由ですが、逆に礼装着としては気を使う必要があり、その場のルールに合わせて選ぶことが重要となります。

新着情報

◎2017/9/29

袴に合う髪型とは
の情報を更新しました。

◎2017/6/7

袴の着方の基礎を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

卒業式に袴を着る理由
の情報を更新しました。

「袴 布」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@sayonnu11 白襦袢、赤襦袢、、黒い着てるのでめっちゃ暑いです笑 でも、冬は暖かいんですよ← 是非、秋冬にもし、良ければ鴻池新田会所で併せとかできたらいいですね😆 実は… 明石と小手切君両方でして、やる気のない眼鏡とやる気のある眼鏡が一緒に出た… ウオオオオオオオオオ‼️ってなってました

スケステ衣装 [月野百鬼夜行] ⑦久我壱星 久我壱流 鎌鼬 この2人の衣装は凄く良く似てるけど、決定的に違うのは下部。 壱星はみたいになってる。 あと、いっちーは首にがありますね。 劇中ではぱっと見がよく似てるから、見分けるのに戸惑った方がいたのでは?? …私だけですか、そうですか pic.twitter.com/taonE2y2Hn

Twitterロップ@イブステ 行きます@miniminilop777

返信 リツイート 33分前

だからこそガッと大股で腰落としたときにの面積が広くてほんとにかっこいいの( ・ᴗ・̥̥̥ )💕 そろそろOPとEDのダンス覚えそう←

返信先:@Ms_turb あぁっ_(:3 」∠)_やっぱり……なんか切られてる時に積み上がるの量に…あれ、間違えた?あれ…でもこれくらい……つか……う?…のか……って虚無りながら見てました( ˘ω˘ ) 作りたくて10m買った時と同じ過ちをしました😭

地下鉄乗車券ポストカードの写真に高級な張りの装丁を施して 「このお話……お受けしたいと思います。」 って言う遊び

もっとこだわるならもクロスで当たり判定で管理した方がいいのかね…3重のでそれぞれコライダー指定か…しんどいな…

あるのに買ってしまったので明日までにチャレンジ〜〜!!!の色そんな気に入ってないけど家にあるやつよりはまひ

Twitterたくみ@新作最推しきました@bbmblb333

返信 リツイート 15:52

待ってる間にプチ情報貰った 歌仙さんとか内番服がのキャラは 階段とか登る時踏んで危ないから の裂け目のところにクイって少しを引っ掛けて動いてるんじゃないかなって 道場のお姉さんが

Twitterりりそ@ 夏コミ新刊予定のペン入れ0/78枚@ririso00

返信 リツイート 14:45

やっぱりの色気に入らないからわんちゃん買っていこうかな〜〜首を絞める…😭ワイドパンツみたいなの作ったらっぽく見えない…?

Twitterたくみ@新作最推しきました@bbmblb333

返信 リツイート 14:09

一応面積も少なく原料費も節約でき、兵卒自身で自作もしやすく、かつの下に下のさらにその下に付けるので六尺褌だとかさばった部分が匍匐前進のときとか擦れたら痛そう…みたいな部分で合理的だなあとかは思うんですが、明治時代に正式採用という部分の文献があれば見てみたいという感じ