袴をマスターしよう

袴に適した布はどのようなものか

袴に適した布はどのようなものか

袴はその立ち姿としっかりした折り目が特長です。
その為、型崩れしにくい布地で作られていることが多いものです。
シルクや面などの柔らかい生地ではしっかりとした立ち姿が作りにくく、また座った際などにはしわが付いてしまい見苦しくなってしまうので注意が必要です。
昔は正絹に目の詰まったもの布が良く使われました。
袴の命でもある、きちんとした折り目が出やすく型崩れしにくい為です。
更には、袴は馬上衣として使用されることも多かったころから、馬の鞍などで擦れても傷みにくいものとして選択されていました。
最近では正絹は非常に高価なことから、ポリエステル製の袴地が販売されています。
ポリエステル製の物は型崩れしにくい上に汚れが落ちやすく、また家庭でも洗濯ができる物も多いため非常に重用されています。
既製品でもポリエステル製の物が多く、本格的な正絹を布地に使用した物は非常に高価なため、正装の際以外の場面ではあまり使用されることはなくなりました。

袴の普段着と礼装着

和装は日本人としては当たり前のことですが、洋服が気軽に着られることからあまり着こなす人はいません。
ほとんどは伝統芸能を嗜む人、剣道や柔道を習う人、あるいは冠婚葬祭、成人式などの席でしか着ることはないでしょう。
しかし、最近では和装の価値観が改められ、普段着でも着こなしたいという人も少なくありません。
その中にあって足を動かしやすく身動きの取りやすい袴は、礼装用に使用されることが多く、普段着で着こなすのは良いのか気になる人も多いようです。
昔は許された人でしか着用することができず、例えば馬にまたがることのあった武士や、庄屋、大富豪などの一部の人だけでしたが、特に礼装としていたわけではなく、基本的に普段着としてのものです。
そのため、現代において袴の着用は礼装時ではなくても、普段から着用することも問題にはなりません。
派手な色柄を選んでも良いですし、着こなしも自由ですが、逆に礼装着としては気を使う必要があり、その場のルールに合わせて選ぶことが重要となります。

新着情報

◎2017/9/29

袴に合う髪型とは
の情報を更新しました。

◎2017/6/7

袴の着方の基礎を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

卒業式に袴を着る理由
の情報を更新しました。

「袴 布」
に関連するツイート
Twitter