袴をマスターしよう

卒業式に袴を着る理由

卒業式に袴を着る理由

現代では多くの卒業生の方が袴を着て卒業式に出席するようになりましたが、この習慣が出てきたのは明治時代に欧米化が進み、-当時の女学生や先生が袴をきていたことから始まります。
当時は制服として一般的に着用されていました。
髪型は洋風スタイルでブーツを履いていたので、とてもファッションにとんでいた服装でした。
このように昔から学業との結びつきが強かったのです。
また袴の模様には矢絣が使われていますが、矢のようにまっすぐ突き進むイメージを持っています。
その為門出を祝う卒業式の日に着る事が定着していきました。
袴を着る事で気持ちも引き締まりますし、より女性を美しく見せてくれます。
また漫画やテレビなど様々なメディアにも取り上げられてきたことで更に人気が高まった事も関係しているといわれています。
現代ではファッションとしても多くの模様やデザインがあります。
その為大切な卒業式に着る生徒や先生が多くいらっしゃるのです。

袴の歴史

袴の歴史は非常に長く、古墳時代の埴輪にも見られるように、本来は男性の衣装でした。
やがて奈良時代、平安時代には身分の高い女性が宮廷で履くようになりました。
しかし鎌倉時代以降になると、そのスタイルは衰退していきます。
武家社会では、武士の礼服として着用されていましたが、江戸時代に入ってからは身分、性別により厳しく身なりが定められ、宮廷の女官を除き、女性が身に着けることを禁じられたのです。
再び女性が着用されるようになったのは明治時代になってからです。
明治時代になって、女性が社会に進出する歴史になったことで、動きやすい服装として袴が用いられるようになったり、女学校の制服として定められたことがきっかけでした。
とはいえ、それまで男性特有の衣装という認識があったことから、女学生が袴を着用されることは再び禁止されることとなりました。
しかし女性の社会進出を妨げてはいけないという考え方から徐々に女性用の袴が作られるようになり、再び制服に採用されるようになりました。
大正、昭和にかけて本格的に洋装が広がっていった今でも卒業式の女性の礼服、男性の婚礼衣装などとして受け継がれています。

新着情報

◎2017/9/29

袴に合う髪型とは
の情報を更新しました。

◎2017/6/7

袴の着方の基礎を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

卒業式に袴を着る理由
の情報を更新しました。

「袴 卒業」
に関連するツイート
Twitter